『聊斎志異』目録
       
         第15巻


聊斎志異はもともと12巻で、13巻以降は補遺集ともいうべきもの。出来の良くないものが多く、柴田天馬がこれらを分散させた理由も次第に分って来る。
角川
文庫
巻数
読了日 物語への手引きと評(私のコメント)   分類 中国古典文学全集
 15  念秧  2     人   たかりの奇談
   武孝廉  8     狐   狐に見限られた男
   閻王  7     鬼   嫉妬の報い
   布客  8 2020/11/4 布を商っているある男が、旅の途中、占い師に占ってもらうと、大凶と出て、早く帰れと言う。道中、短衣の人と道ずれとなり、仲良くなった。仕事を聞くと、冥府の使いで、勾留する人の名簿を見せてくれるのだが、そこに男の名があった。多くの人を勾留するので、後回しにするから、帰って、後の整理をするようにという。
【評】道中、たびたび奢ったのが、良かったのか?
鬼   旅は道連れ
   農人 2020/11/4  農夫に妻が陶器に飯を詰めて持ってくるのだが、夕方食い残しの粥が狐に食べられていることがわかった。ある日、狐が器に首を突っ込んでいる所を後から売ったら、器を付けたまま走ったが、転倒して器は割れ、狐は逃げた。
数年後、大家の娘に狐が憑いて困っていた。娘は、狐を煽てて、あなたには怖いものはないでしょうと言うと、狐は、かっての農夫の話をするのである。その話を聞いた父親が農夫を探し当てて、狐を追い払う話。
【評】何となく明るい話。
狐   狐の苦手
   長冶女子 7   2020/11/6 陳氏には美人の娘があった。それを見た道士が目に付けて、術を掛けるのである。
【評】奇妙な筋書きである。術が珍しい。
鬼   怨霊裁判
   土偶  2020/11/6  馬は王氏の娘を娶とり、睦まじかったが、若死にした。娘は両親や姑の再婚の勧めを断って、夫の土偶を作って、朝夕参っていた。
ある夜、寝ようとしたら、土偶は夫の生きた姿となって現れ、床を共にし、一子が生まれる。
【評】娘の一途な気持ちと、幽霊となって帰ってきた夫。その子はどんな子か?
鬼   亡霊の子
   黎氏  7  2020/11/6 謝は道楽者、30過ぎで、妻は1男1女をの残して亡くなっている。後妻のなかなか見つかれない。
ある日、山道を歩いている、後ろから若いきれいな女が来るので、これを手籠めにて、妻とする。
【評】気味の悪い結末。
物   好色の戒め
   柳氏子 8    2020/11/6  柳は40過ぎで子が出来たので、溺愛した。その子はわがまま三昧、最後に残った驢馬まで殺させる始末。それでも死んでしまう。
泰山へ参拝に行った村人が、その子に会う。
【評】不愉快な話。
鬼   金の恨みは
   上仙 1   2021/3/6  友人の高季文と旅に出て、宿でその友人が病気になったので、名医(狐)の所に行く話なのだが・・・
【評】文意不明
狐   狐下ろし見聞記
   侯静仙 7   2021/3/6 静仙と号する仙人の猿が、老人に乗り移っている。
病気になった祖父のためにそれに会いに行く。
物   猿神
   郭生 7   2021/3/6  郭秀才の家は狐がついていて、勉強の本や書き物に墨を塗られる。そんなことが何時までも続くのである。友人に話すと、狐が墨を塗るの一種の添削で、狐は先生だという。やがて、科挙にも合格する。
【評】科挙の最初の郷試は2段階であったことが分かる。
狐   狐の添削
   月m梅
シヨウシバイ
 8  2021/3/13  倹i士の所に同郷の二人の秀才がやって来て話をしているうちに、故郷の高東海という人の消息を聞くと、20年前獄死したという。撃ヘその年に生まれている。
【評】他に2篇ついている
鬼   思い出した前世
   圏ユ?
ショウリンシ
8   2021/3/13  娘が未婚の時、占い師がこの子は刑罰を受けると予言する。その通りになる。 人   じゃじゃ馬退治
   単父宰
ゼン
7   2021/3/13  父が若い後妻をもらったので、二人の子が、酔ったスキに父の睾丸を切ってしまう。
他の話は、嫁を一月余りで追い出した。嫁の親が訴えが、夫は理由を言わない。
【評】二つの裁判は同じ知事が裁く。
人   洒落た知事
   閻羅こう 7   2021/3/13 死んだ父親が夢に出てきて、地獄でひどい目に会っているので助けてくれ、明日、魏という役人が来るからよく頼んでくれという。果たして、翌日魏来たので頼み込む、地獄の様子まで見るという話。
【評】小編ながらこころ沁みる。
鬼   閻魔死す
   顛道人 6   2021/11/11  顛道人は蒙山寺に住んでいて、時々、訳の分からぬことを叫び、石を炊いて食べた。重陽の日に村のお偉いさんが山に登って宴会を開いき、この寺の前を通ると、顛道人がはだし、ぼろ服、ぼろ傘で現れ、お偉いさんを揶揄った。お偉いさんは道士を懲らしめ、傘は敗れるのだが、それがm鷹に変化し、柄は大蛇に化ける。これを見た男が幻術だいうのだが、・・・
【評】その男の末路が面白い。
 神  瘋癲道士行状記
   鬼令  1  2021/11/11  展先生は酒飲みで、馬で帰ってくると、子路をまつる寺の周りを走らせた。そこの柏の木に頭をぶつけて死ぬ。行商人が古寺に止まっていると、4,5人の人が酒盛りをはじめ、漢字を使った遊びを始める。展先生も参加。
【評】これは漢字圏の人でないと出来ない遊びである。翻訳は不能。例えは」田は中に十は詰まっているが、十を押し上げると古になる。こんな頓智を順番に言い合うのである。
 鬼  幽霊の戯れ唄
   閻羅宴 7    2021/11/11  邵(しょう)は貧して親孝行。母親の誕生日に用意したご馳走が消えた。母親は邵が嘘をついていると疑った。科挙の受験のため、借金をして、向かう途中、立派な家に招かれて、ご馳走になり、お金まで貰った。閻魔様で、かって、部下が母親の誕生日のご馳走を食べたお返しだという。貰った金は半分残り、邵はそれで親孝行をした。
【評】科挙に合格したか不明。
 鬼  閻魔の返礼
   画馬  5     物   名筆画馬を走らす
   放蝶 5      物   蝶の仕返し
   鬼妻 4       鬼  幽霊妻の深情
   医術 4       人  とかく医者というものは
   夏雪  5      神  夏雪も諂いに融ける
   何仙  1      神  狐狗狸の見識
   ?令 8       人  亡霊の抵抗
   河間生 4      狐   狐の馳走
   杜翁  2      人  不良老人豚になる
   林氏 2      人   妻の鑑
   大鼠 2       物  猫の妙計
   胡大姑  8     狐   狐も金蔓
   狼  1     物   狼の鬼門は豚殺し
   薬僧 8      人   薬もほどほど
   太医  2     人   熊は禁物
   農婦  3     人   女伊達
   郭安  7      人  奇妙な裁き
   査牙山洞  6      人  鍾乳洞の怪
   義犬 3   2020/10/30  ある商人が、舟を雇って帰りに、堤に、肉屋が犬を引いてゆくのを見て買った。舟の船頭は実は泥棒で、商人の豊かな荷をみて、これを殺して湖に投げ込むのである。
【評】犬の報恩物語。14巻にも義犬あり。
 物  忠犬
   楊大洪  7  2020/10/30  楊大洪(進士)の若い時の話。自分では出来ると思っていた。科挙の試験の結果の告げる者が来たとき、食事中で、物を口に入れたまま応対、自分の名がないのに驚いて、喉に詰まらせてしまい苦しむ。皆が再試験行くように勧めるが金がない。皆が金を集めてくれ行くことになるのだが、夜夢を見る・・・・
【評】誤嚥の話。出てくる道士が面白い。話には出てこないが、合格したことは主人公の名前で分かる。
 人  俗なればこそ
   張貢士  5  2020/10/30  張貢士が病気で仰向けに寝ていると、自分の心臓から、半尺ほどの儒冠儒服の男が出てきて、俳優のように、歌を歌うのであった。自分の知っている通りの歌い方であった。
【評】4行。
 人  芝居する分身
   丐仙
カイ
 5 2012/6/2  医術を良くする高が、行き倒れの乞食を世話する。乞食は次第に回復するとともに酒肉も要求するようになる。あることからこの乞食kが仙人と分かり、この仙人のお礼のもてなしが続く、・・・
【評】仙人の宴席の描写が華やか、仙界では仙人が碁を打つものらしい。いやみのない一篇。明治書院の中国古典小説選10−(2)の読み下しで読んだ。
 人  乞食仙人と浦島
   耳中人  5 2020/10/30  同郷の秀才譚が道術の修行をしており、ある日坐禅をしていると、耳の中で蠅のような小声で「あってもいいよ」という声がする。目をあけると声は止む。それに答えて見ると、3寸ほどの小人が出てきた。
【評】聊斎志異らしい話。
 物  耳の中の男
   咬鬼  5  2020/10/30  男が昼寝していると、喪服を着た女がやって来て妻の部屋へ向かっていった。隣の人にしてはおかしいと思っている所に戻って来て、狸寝入りしている男の上に乗っかって、男の顔を嗅ぎまくるのである。
【評】不気味な短編
鬼   噛みつかれた幽霊
   捉狐  4  2020/10/30  著者の親戚の肝っ玉な太い男の話。昼にしていると、猫ぐらいに動物が近寄って来て、足先から次第に登ってくる。男はいきなり捕まえ、夫人で帯で縛る。「お前は化けるのが上手いと聞いているが、目の前で化けて見てくれ」と言うと、・・・
【評】さすが狐
狐   縛られた狐
   斫蟒
シャクトウ
 4  2020/10/30  樵の兄弟が深山で大蛇に出合い、先に歩いていた兄が飲み込まれるのである。足を引っ張って懸命に助ける。・・・
【評】リアル
 人  うわばみ退治
   野狗 2   2020/11/2  清の初めに動乱期である。大軍が進軍してくるので、難を避けて死体の中に死んだふりをする。軍の去った後死体が起き上がる。そこに獣首人身の怪物が、死体の脳みそまで食べる。男は石で思い切り打つ。
【評】リアル
 鬼  人犬
   狐入瓶 3  2020/11/2 狐に憑かれた女が狐を甕に閉じ込める話。  狐  甕につめられた狐
   干江
8  2020/11/2 父を狼に殺された16歳の少年が復讐する話。武器は鉄錘
【評】リアル
 人  子江少年の仇討
   真安女 6   2020/11/2 6,7歳の少女が、許嫁の家に引き取られ、1,2経って子供を産む話。
【評】3行
 人  幼い母
   焦螟
ショウライ
4  2020/11/2  董黙庵という役人の家に狐がついて、瓦礫を雹のように降らす。住まいを変えて同様。道士焦螟の力を借りて退治する話。
【評】弱い術から次第に強い術を使うのが面白い。
狐   狐西に帰る
   宅妖  1  2020/11/2  妖怪の出る家の話、2題。
【評】珍しい妖怪だが幻覚かも知れない。
 物  お化け屋敷
   霊官 4   2020/11/2  道教の寺で吐納の術をに熱中している道士とたまたまその寺に仮寓していた老人も同好の士となった。とことが、祭りの際、いつも老人が10日ほど姿を消す。実は老人は狐で、祭りの清め祓いに耐えられないからだという。ある祭りのあと、長く帰ってこなかったが、突然帰って来てその理由を述べる。・・・
【評】良い狐。
 狐  物臭狐

目次トップ Alice in Tokyo