『聊斎志異』目録
       
         第11巻


ここ数年、住んでいるマンションの建替え問題など落ち着かない生活をしていたのと、何よりも、「聊斎志異」が私の学力を大きく上回っているので、このサイトの更新が滞っていた。2017年11月、新居に越してきて、やっと落ち着いた気持ちになって、最初に始めたのが、「聊斎志異」を読むこと再開したことだった。我ながらおかしかった。「聊斎志異」にはそんな魅力がある。 
角川
文庫
巻数
読了日 物語への手引きと評(私のコメント)   分類
11 菱角 17/12/27 母親は熱心な観音様信者で、一人息子の通学途上の祠に必ず参るよう言いつける。そこで見初めた娘菱角と結婚するが、戦禍で離れ離れになる。
【評】意志堅固な者には奇跡が起きる。
観音の手引き
けい子儀 17/12/27 白連教の残党で妖術をよくする男の話から始まるが、主人公は貧しい、性格の良い男。易者が主人公の吉運を予言しその通りになる。
【評】短い割りに人物が多く、筋も変化が大きい。
降ってきた女
陸押官 17/12/27 役人を辞めて故郷へ帰った男のところに、書生になりたいと少年がやってくる。彼の働きが良いので、役人も寵愛する。
この少年の起こす不思議な出来事。
【評】少年がなぜ現れたのかわからない。
陸という書記
陳錫九 18/01/16 陳錫九は名家の息子なので、周は娘を件組みさせたのであるが、錫九が何度も試験に落ちるし、家も振るわなくなってきたので、後悔し娘を取り戻そうとした。娘は拒否する。母親を死に会い、葬った後、遠くに行った父を訪ねに行くがその父も死んでいる。天界の父と出会いや舅、周も悪巧みなど事件は展開する。中篇の一代記。
【評】錫九やその嫁の素直な性質と対照的に、舅側周の強欲な性質が描かれ、その末路も対照的。孝行とは何よりも親を厚く弔うことにあるらしい。
孝行な息子
干去悪 18/01/17 陶が受験とために町に寄留しているとき、ある男の出会い,親しくなり同居を始める(志異ではよくある話)さらにもう一人の男が加わる。この2人は鬼(あの世の人)で、あの世も試験があるという。この世の試験とあの世の試験の話。
【評】あの世の試験の問題も具にわかり面白い。不正もまたある。したがって試験官の試験もあるのも納得する。
試験の不正事はいかにすべきか
鳳仙 18/01/19 三姉妹(狐)の八仙、水仙、鳳仙と胡、丁、劉の三人のカップルの話であるが、主は、劉が鳳仙の助けにより出世する話である。舅を中心に3カップルを含む宴席があり、それが面白い。
【評】何時も思うのだが、劉のような普通の男がどうしてこんな艶福を得るのか不思議。3姉妹居ると、リア王ではないが、大体末娘が美しく優しい。
鑑の中の女
   とう客 8   18/01/21  撃剣の好きで、ちょっと自惚れの強い男が、道に、20年も外国を旅した男に会い、異人(剣術の異才?)に出会わなかったと聞いた。旅人は、異人はどこにでもいるが、忠孝の人でないと、その術は伝授されないだろうという。そのうち事件が起きる。
【評】短編。その旅人はさわやかな異人。
 人  気が変わる
愛奴 18/01/25 塾の先生が暮れに帰省の途中、老人に会い、甥の勉強を見て欲しいと頼まれる。その家の使用人は皆女で、愛奴が彼の世話をし、親しくなる。あの世の人の家庭で、それを振り切って一度帰るのだが、1年後に再び老人に会い、愛奴とも関係が出来る。意外な結末
【評】愛奴が恩義を感じているこの家の夫人が優しい。あの世の人との付き合いが、極自然に語られている。
女魂を殺す
小梅 18/05/20 王の妻は観音信仰の真面目な人だったが病床に賦し、後を、侍女小梅に託して死ぬ。王はその小梅と結婚、一子を得、使用人も彼女に心服する。
【評】物語の展開が上手い。王がなぜこのような人生を歩むかは、冒頭のちょっとした事件。
狐の後添え
績女 18/05/20 ひとり暮しの婆さんの所に、若い娘が押しかけてきて、機織を手伝うようになる。織った布は高価に売れ豊かになる。婆さんの軽口から、娘の存在が知れ、最後には、家産を擲って、娘に逢おうとする青年が出てくる。娘は最初から仙女であることは明らかにされている。
【評】婆さんが面白く描かれている。小編ながら、さわやか、
艶姿をみせた仙女
張鴻斬 空を飛ぶ女
嫦娥 月仙をめとった男
ちょ生 友を択べば亡霊を
霍女 謎の女
   布商 3       人  信者と悪僧
彭二じょ 袋に詰まった男
跳神 跳神
鉄布衫法 沙かい子という男
美人首 美人の首
   山神  7      神  山神
庫将軍 寝返りをした将軍

目次トップ Alice in Tokyo